不貞行為と定義

MENU

不貞行為と定義について!

【1、不貞行為の規定】

不貞している爺さん
不貞行為とは、主に法令上で通じる語彙で離別状況として規定されている営みだ。
不貞行為は、伴侶がある人物が伴侶以外の異性と性的な関係を持つことであると定義されています。

 

 

【2、不貞行為、不倫、浮気の隔り】

 

ライフサイクルでは、不貞行為という言い回しはあんまり使われず、不倫や浮気という言い回しで表現されますよね。
実は、法令後、不倫や浮気という言い回しはなく、これらはいわゆる俗語ということになります。
そして、不倫と浮気は同じ訳として使われてある。
実際、こういう2つの言い回しを明確に使い分けている人物はあまりいないのではないでしょうか。

 

不倫と浮気は共に「伴侶の依存を裏切る」という要素において共通していますが、こういう2つの言い回しの隔りには「結婚しているか否か」がすごく関わってきます。
男女のマイホームどちらか、もしくはお互いともが結婚していてなおかつ性的な関係を持っている場合が「不倫」。

 

それ以外が浮気と規定されます。
つまり、浮気のほうが意図範囲が広いということです。

 

また、不貞行為と不倫、離別との間柄についてですが、不貞行為は離別状況として規定されている営みなので「婚礼」が大きく関わる不倫のほうが浮気よりも調みたいにほど近い言い回しとなります。

 

 

【3、審判における不貞行為の規定とヒストリー】

 

不貞行為とは前述のように、審判において通じる言い回しなので、審判においてどんな営みが不貞行為にあてはまるのかということを一段と具体的に見ていきましょう。
審判においての不貞行為とは「男女うちの性議論とそれに均一する営み」のことを指します。

 

「男女うちの性議論」は誰が考えても明らかなので問題ないのですが、邪魔なのは「性議論に均一講じる営み」だ。
なぜなら、性議論に均一始める営みというのが人によってとらえ方が違ってしまうからだ。

 

胸を触ったら性議論に均一すると受け止める人物もいれば、至って性議論とは関係がない営みと受け止める人物もいらっしゃる。
今までの症例で言えば、口腔性交や射精を向き合う営みは「性議論に均一始める営み」として見える可能性が高くなっています。
また、実際の審判で不倫された近隣が伝える拍子、不貞行為を判明こなせる「性行為のカタチを確認できる証拠」が誠に重要となります。
しかし、不倫は順当、他人がいない密室で浴びる結果、毅然たる証拠を受け取るのは困難です。
特に、1,2回しか性議論を欠ける場合や、性議論瀬戸際の営みしか行っていない場合は、不倫を証明することは至極苦悩と言えるでしょう。

 

 

【4、不貞行為と見なされるか見なされないかきわどい症例】

 

これまで見てきたように、審判で決定的に不貞行為と判断されるのは難しいと言えるでしょう。審判で離別の理由として受け入れるかどうかは、「結婚縁を破産させた」か何とかが重要に繋がる。いくつかタイミングを挙げてみます。
・少数回の性議論
1回や2回だけだから許される、ということではありませんが、1,2回のみの営みで、婚礼彼女に対しての愛が著しく、とっくり反省している場合は「結婚縁を破産させた」とは判断されないので不倫とは見なされません。

 

・別離後の伴侶以外の異性との性議論
この場合、すでに「結婚縁は破たんしていた」と思い当たるので、不倫が原因で結婚縁が破産したわけではないという拠り所から伴侶以外の異性と性交渉をしても不貞行為とは認められません。

 

・性議論を伴わない異性との縁
見た目、肉体縁が無く、問題ないかのように見えますが、肉体縁が無くとも、それの縁自体が原因となって「結婚縁を破産させた」となれば離婚する理由として見えるのです。